暖簾に腕押し

軽度発達障害?の息子と、膠原病の母の記録…おおげさだな~。

05月≪ 06月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貸さぬが無事!?

暗い話が続き、大変失礼いたしました。表の「毎日メモ」をご覧の方はご存知でしょうが、この8日間、何を思ったかある寄席に毎晩通い続けました だいたいが、家族(息子とその祖母)が大変な時期に遊んでいる場合ではないのですが、泣いても喚いても状況が急に好転するわけもなく(何度も言いますが生まれつきの障害で、ご本人が40を過ぎても苦労されている方々もおられます)、ドーンと構えた方が良いと思ったからにほかなりません。

寄席(落語・講談)に限らず、私はクラシック(音楽)にも遊び歩いている?事を、ご存知の方も多いと思います 実際問題、(息子と)同居していないとなると、直接手を下せない事が多く、遠方からの指示=遠隔操作に頼ったり、母(息子の祖母・苦労の多かった東京から呼び寄せた・今の方が楽らしい…)に頼ったりせざるを得ない部分も多々あります。

様々な批判を承知の上で出掛けた寄席、その中に、江戸末期から明治にかけて活躍した落語家、三遊亭圓朝の「真景累ヶ淵(読み=しんけいかさねがふち)」(怪談話)を上方風に(紙芝居風に)通して語る…というものがありました。怪談話そのものは、東京の噺家さんで何度か聞いたことがありますが、全体像を解説付で聞くのは初めてでした。

この話、何だか知りませんが、やれ因縁だ~、やれ怨念だ~で、次々と人が亡くなります。最後に系図を見たら、登場人物(これがまた多い!)の9割が殺害される又は自害する、或いは病死する…という悲惨なものです。まぁ、怪談話…と言ってしまえばそれまでなのですが、どうも「真景累ヶ淵」というタイトルにも秘密(謎)が込められていたようで。。。

実は「真景」は「神経」で、神経=気の迷い?で幽霊が見えるのではないか?という話。これは圓朝師匠の速記本にもあるそうですから、間違いないでしょう。もう1つの解釈が、「累ヶ淵(かさねがふち)」って一体何なんだ?? この話、そもそもの発端はある人がある人にお金を貸したところから始まっています。ゆえに、お金は「貸さねぇが無事」という教訓話ではないか?という事です。

これが言いたくて、ここまで話を引っ張ってきました(笑)。過去に、軽度発達障害と知らずに貸してしまったものは仕方ないとして、もうこれ以上貸してはいけないのではないか?という事です。別に、息子がこの怪談話のように事件を起こすとは思いませんが、お金を貸す=罪作りになるのではないか?ということです。

これはこの時期、我々にとって大きな収穫でした。息子に振り回されるだけではなく、こちらも生き方というか、考え方をある程度決めておかなければなりませんからね。聞けば、相変わらず帰宅は遅いものの無断外泊は減り、対するバサマ(息子の祖母)もそれに慣れてきたようです。バサマとしては、せめて今のレベルを保ってほしい…と思っているようですが。

ただ、各種滞納をしているにも関わらず、相変わらずガソリン代を貸してくれ~貸してくれ~とバサマに要求し、ガソリンが無くて会社に行けないのは(クビになっては)困る…という理由で貸さざるを得ない状況になっているようですが、これもどこかで切らねばなりませんね。どう考えても、通勤ではなく遊びに車を使っているっぽいのです。いっそ車が故障して、車が再起不能になればいいのですが

ということで、お金以外の援助方法?を模索中です。家族のストレス解消は大切ですし、趣味(私たちの場合、落語やクラシック)から得るものも実は大きいのです。
罪悪感を持たずに、遊ぼー。\(^^;バシッ
スポンサーサイト

コメント

仮寝の優雅?

親しい間柄ほどお金の貸し借りはするものではないと祖母に言われてきました。
大学時代にバイトしていたとある商売の社長にも「金は貸さずにあげてやれ。返済を希望するなら貸さないことだ。あげるのなら何度なんべん言われてもあげつづけれろ」と教えられました。
実は彼もお金のことには優先順位がメタメタです。
付き合いがなれてきた頃から、金額にすると数千円・数百円ですが「貸して~後で返すから~」といわれたこともありましたが、一度も貸したことはありません。過去に付き合っていた女性は貸していたようですが、私は愛情があるからこそ、今後もどんなに困っても自分でどうにかしてみろ!とさえ思います。
お金を貸さない=困っている僕を助けないのは好きじゃないんだ という間違った方程式を打ち破ることは お金を上手に使える一歩にもなったかもしれない?となんか甘い採点かもしれないけれど
最近の彼を見ていて思います。
愛情があってもある意味真っ赤な他人なので、最初は貸さない私にムカムカきていた彼に対して「使いたい金額だけ稼いでこいや!自分のケ○もふけない人間が一人前に金使いたがるなや!」とぶち切れたことも(笑)
お金の貸し借りが何故よくないものなのか・お金の割り振りを考えるとのちのち自分が楽なんだよって事を時々話します。
親子って、何か問題があるからといって
縁を切って後は知らん顔って出来ないですよね。愛情があるからこそ 何か言い案・効果が出る方法・って模索しますね^^
最近は彼が楽しく貯金をしたくなる方法を模索中です。

>青嵐さんへ

青嵐さん、コメントありがとうございます。
そうですよねー、貸した金は返ってこないものと思え…とはよく言われることです。
あ~彼氏さんも、やはりお金の優先順位はアレですか…i-229
でも、青嵐さんはエライっ!親しいからこそ貸さない、と決めて実行されているとは、お見事です!
年下にも関わらず、シッカリ彼氏さんを育てていらっしゃるi-236

親子は難しいですよ~、こっちの方が絶対に年上なのに、どこまで支配?していいのか、どこからは独立を促すのか、甘えをどこで断ち切らせるか、障害が無ければ一喝して終わりですが、障害が親心をぐらつかせますi-230
親子より、恋人や夫婦の方が相手に惚れているだけあって、言うことを聞いてくれるのかな?ちょっとちゃうな~。親子の愛情と男女の愛情の違い。。。暗中模索。。。i-118

うちもお金の問題で頭痛いです

私は「お金の貸し借りは人間関係を悪化させる。貸したらダメだ」と言う両親のもとで育ちました。私の父は昔、共同経営者にお金を持ち逃げされて借金を背負って返した経験があるからです。ところが、夫は借りるのに罪悪感すらない。今は私がギャンギャン言うから仕方なくしたがっているだけ。でも、私にいえない借金は親に言ってなんとかさせる癖があり、なんとかならないかと頭を痛めてます。彼の両親も金は借りるもの、無ければ借りればいいんだくらいしか思ってないのです。
最近はちょっとした変化がありました。
私の弟が実家を建て替えたのです。今まで
弟に対して義理の兄としてえらそうにしていたのに、自分はと思うようになったらしい。
真面目に生きて真面目に生活すれば、こういうことになると身近にモデルが出現したんですよ。彼の両親は相変わらずで、新築祝いだと、有名な先生に書いてもらった書を私の実家に送りつけてきました。そんな金があるなら老後に回せよって思わないみたい。いくら、私の両親に対抗したって、夫の行動を間近に見てますから私も弟も私の両親もあきれ返ってます。
お金のことは付き合い始めの頃からきつくいってます。そんなにお金が必要なら金持ちの女性とお付き合いなさいと。私はしがない貧乏OLで、今まで付き合った男性から金をせびられたことなんてないとも言いました。
パチンコを止めさせるのにどれだけ労力を使ったか。ギャンブルに適切なお金の使い方をさせるのにどれだけ労力を使ったか。
きつくすればするほど、こちらだってストレスなのに、理解が追いついてきてくれません。
私が息抜きに本やCDを購入すれば鬼の首でも取ったように責めてきます。彼が今までギャンブルやその他無駄に使った金にくらべたらどのくらいの贅沢なのかとため息が出ます。自分の快楽はストレス解消でOKだけど、他人のストレス解消は認めない。これって、教えるものなのって最近は段々と自信が無くなってきていますi-202
製造元に返品可能ですかね…i-232
貸すも地獄貸さないも地獄i-201
江戸時代だったら、長屋の大家さんやご隠居さんが口添えしてくれたんでしょうかね?

>風来ノラさんへ

風来ノラさん、コメントありがとうございます。
どこのご家庭も、苦労してはりますなぁ。。。
私も、借りてはダメという家庭で育ちましたが、貸すなとは言われなかったような…。
過去に、貸して失敗したことがあります(やっと半額ぐらい戻ってきたところで病気で亡くなり、ご遺族に請求できませんでした)。それに懲りて、他人には二度と貸しませんがね。
借りない=無い時は買わない、使わない、出掛けない…というタイプです。

>ギャンギャン言うから仕方なくしたがっているだけ
たとえ仕方なくでも、従っているだけ(ギャンギャン言うノラさんが→)立派です! 他にも、色々と計画して実行中というのも、なかなか簡単に真似できるものではありません。

>弟が実家を建て替えた
あ、例のイー○ームズでしたか? 人生の「モデル」って、必要なんですねぇ。ノラさんのコメントで、色々と考えさせられましたよ。しかしご主人のご両親は困ったもんで。。。

パチンコ退治?!本当に頭が下がります。(パチンコもUFOキャッチャーも変わらんなぁ…ため息)

>他人のストレス解消は認めない
これは非常に辛いですね。この部分だけはウチの息子と違うところですが、その代わりウチの場合、注意しすぎると逆切れしたり、壁に穴をあけたり(ゲンコツで)、シカトされたり、いつまでも(実は永久に?)子どもです(泣)。

>製造元に返品
笑ってはいけないのに、笑ってしまいました!
つまりウチも、何かの間違いで将来結婚でもしようものなら、彼女から返品される覚悟で…(爆)

江戸時代は、けっこう夫婦の揉め事?に大家さんやご隠居さんや近所のお節介?が割って入ってきましたよね。さしずめノラさんは、落語に出てくる良妻=おサキさんにピッタシです!

趣味って大事~!

くるりんさんの趣味 ステキですね。
寄席できく落語か~
本物を生で観るのって迫力あって面白いですよね。
(といっても 笑いで思いつくのは私の場合吉本の劇場ですが^^;)
趣味の時間に罪悪感持ったらせっかくの楽しい時間がもったいない、もったいない^^

息子さんのお金の件ですが
周囲の人を悩ませてるように思うけれど、
子どものころから色んなわからなさに傷つく中でゲームやカードは唯一安心できる物、
なくてはならない拘りの物になっていったのかな。。。
今後もあらゆる面で一番苦労するのは息子さんのような気がして切ないです。
お金を貸してくれる人がいることが幸せとは言えませんもんね。
お金以外の援助方法 できるだけ早く見つかるといいですね。

>sasaさんへ

sasaさん、コメントありがとうございます。
貴ブログコメントでは「逆走」してしまい、房総半島まで暴走してしまいましたねi-233

ま~趣味がステキだなんて、オホホ~それほどでも~照々。。。
関西系列に引っ越してきて、上方落語に見事にハマリましたi-229
吉本の劇場の近くには、ワッハ上方もあるのでは?? 関西は本当に恵まれています。お子さんが大きくなったら(手がかからなくなったら)、是非どうぞ~。って、当分手のかかる我が家、うううっ。

そうですそうです、ゲームやカードは息子にとって唯一安心できる物になっています。癒されるんですってよi-183 カードを並べてウットリする姿など、一種異様なものを感じますi-230

もうちょっと自覚してくれるといいのですが、彼も逃避しているのかも、、、親子で逃避ってどうよ!?i-177

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

HOME

プロフィール

くるりん

Author:くるりん
↑クリック
子どもの頃、Dr.に自閉的傾向あり!と言われた息子、ADHDも併発?通院中の精神科へ行くお金も無く。。。
19ヶ月で6回もクビになり、奇跡的に約3年続いた短時間アルバイトも解雇…無職!
大人の軽度発達障害?の息子と、膠原病の母の記録…おおげさだな~。
本文中では、発達障害に愛情を込めて?「発ちゃん」と記述しております。

※誹謗中傷・公序良俗に反するもの・他人が不快に感じる内容などの書き込みは、削除させていただきます。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック
FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。