暖簾に腕押し

軽度発達障害?の息子と、膠原病の母の記録…おおげさだな~。

07月≪ 08月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になるニュース

速報も、いつまでも放置しておくと速報ではなくなり…。
新聞記事は、全文はもちろん、見出しもリンクも著作権の問題があって難しく、かといって○○新聞のサイトから○○を検索してみて下さい…とお願いしてみたところで、面倒くさいでしょうし皆さんお忙しいわけですよ。うーん、どうせ時間の問題でリンク切れ??
24日の気になるニュース
23日の気になるニュース

どちらも厚生労働省から出た話で、ニートの一部に発達障害の疑いのある人が含まれている、ゆえに支援機関に心理などの専門職を配置してきめ細かい支援をしましょう…という話が前者。
後者は、発達障害児を支援するための予算を増やして、学校などからの要望に応じて医師や専門家を派遣したり、卒業後の就労対策なども拡充しましょう…という話。

率直な感想としては、今ごろ気付いたのぉ?ということと(私も20年も育てていて今ごろ気付いた愚かな母ですが…)、絵に描いた餅にならなければいいけど…という無期待感

厚労省でもわかっているようですが、彼らが「集団で行動するニート支援施設」を好き好んで利用するとは思えません。息子を見る限り(今はたまたま無職ではありませんが)、何時に何処へ行け~と言っても、実行するまでに物凄~く時間がかかる。仮に行ったとしても、脱走する!に決まっています。ニートって嫌な言葉だわ⇒「ニート」って言うな!

新聞記事にもありましたが、そもそも「頑張ればできる」という発想は彼らには当てはまりません。「同僚の理解促進」なんて、夢の夢!同僚や上司にバレたらそれこそ大変です。息子はそこそこ各種資格を取得していますし、就労体験も高校大学と豊富な方だと思います。それでも、企業で長続きするのは並大抵ではなく。(厚労省さん甘いな~、功労賞!?)
世の中のスピードが、江戸時代ぐらいまでに戻らないと、かなり困難なのではないでしょうか?

時として専門家って、医師・臨床心理士・保健士・大学教員(研究者)・療育士からセラピストやカウンセラーまで入ってしまうのかしらん? 医師が神経科や精神科でない場合もあるでしょうし、一番危険なのはカウンセラー!(専門家でも何でもない私の父は、大学でちょっと心理学をかじったというだけでエセカウンセラーとして世間に出回っています。こちらも要注意!!)
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

↑上様へ

ありがとうございます。見れました!
お手数おかけいたしました(ぺこっ)。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

再び上様へi-236
ありがとうございます!i-75i-234i-179

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

HOME

プロフィール

くるりん

Author:くるりん
↑クリック
子どもの頃、Dr.に自閉的傾向あり!と言われた息子、ADHDも併発?通院中の精神科へ行くお金も無く。。。
19ヶ月で6回もクビになり、奇跡的に約3年続いた短時間アルバイトも解雇…無職!
大人の軽度発達障害?の息子と、膠原病の母の記録…おおげさだな~。
本文中では、発達障害に愛情を込めて?「発ちゃん」と記述しております。

※誹謗中傷・公序良俗に反するもの・他人が不快に感じる内容などの書き込みは、削除させていただきます。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック
FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。