暖簾に腕押し

軽度発達障害?の息子と、膠原病の母の記録…おおげさだな~。

07月≪ 08月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嘘つきは泥棒の始まり

 貸した健康保険料と携帯代、用途外に消えたようです。
嘘つき! ドロボー!
時間の問題で、また携帯止まります。
いつ見捨てるか、いつ縁を切るか、迷っています。
家賃とサラ金、ウチに請求来るの怖いです、ブログもやめなければなりませんね。
家族に見捨てられて、自棄を起こして、某のように無差別の事件を起こされても困ります。

 家に眠っているスーツを、若者の就労支援に使いたいので寄付して下さい!というNPOが東京にあるようです。
ウチはたまたま娘も息子もスーツ不要の職場ですが(農業の入社式にスーツを着て行ってこっ酷く叱られた息子)、息子の場合、スーツで面接通っても、その後が長続きしません。ボロは着てても心は錦、馬子にも衣装、嘘つきは泥棒の始まり、昔の人は良いこと言いましたね~。

 また、アスペルガー症候群を描いた映画「アダム」(主演、ヒュー・ダンシー)がアメリカで公開されましたね、日本は未定。
「ルワンダの涙」は観たけど…、大量虐殺事件に巻き込まれた英語教師=西洋人の役(主役級)がダンシーでした。

 S幌の弁護士会が、雇い止め、生活不安、生活困窮、貧困などに的を絞った無料相談を行なうそうですね。
ネットカフェなんかも回ったそうですが、息子なら…相談に行かないでしょう。いや、行けないでしょう。まず、予約が出来ない! 何をどう相談したらいいかもわからない。。。

大人の発達障害の問題は深刻です、なぜなら、日本の子どもは働く必要も無いし一応親(保護者)がついているからです。
スポンサーサイト

コメント

あれ?

時間ギリギリに振り込んだのではなかったのですか??
くるりんさんも自棄を起こさないように・・・・
それにしても何とかならないものですかね。
明日朝がきたら「劇的に」普通の人に変身!!とか?
奇跡は起きないのかな~(我が子を含め・・・)
先日息子が臨時収入のあった旦那からたくさんの小遣いを貰い
思わず頬をつねる・・・というマンガちっくな行動をしておりましたが
この子の障害がわかった時、精神不安な時・・・
「夢なら醒めて」って何度も思いました。
私の場合私の人生そのもの・・・全部夢であって欲しいくらいですが・・・。
少しでも良い方向に向かいますように願います。

そしていつもブログ訪問&拍手をありがとうございますm(__)m
私のワガママな内容に半ば呆れていらっしゃるとは思いますが(汗)

ふとコレが原始時代ならと思いました。
彼が縄文時代の生まれなら
狩のできない男として群れのやっかいもの
ということになります。
しかしアボリジニーの集落などを見ると
狩が出来るもの男は狩をする。
女は村を守る。何も出来ないものは
出来るものが面倒をみる。
ごく自然に役割が分担され、仕事ができないから
肩身が狭い思いをすることもなくのびのびと生きていたことでしょう。
今は狩の出来るくるりんさんやくりるんさんが狩の苦手な
彼の面倒をみているわけですが、、、、。
今は集落の範囲が日本国全体にまで広がったわけですがら
手に負えなければ堂堂と福祉に面倒を見てもらうべき!
もちろんその前に自己破産を迫られそうですが・・・。
その福祉が日本では申請主義であることが本来の問題なんですよ!

うちの与太郎も、真っ赤に燃える嘘の炎の中で、涼しい顔してますね。

この特質(その場しのぎの一瞬に生きる)のためでしょうね。
この子は、金と時間の予測が出来ないんです。
出来ないものはできない。


燃える火の中にいる、わが子を助けようと、親だけが火に焼かれている。
地獄絵のようですよ。

くるりんさん、見捨てるのは、いつでもできます。
なにか、いい策があるはずです。
家族以外に助けを求める方法を考えましょう。
神仏にすがったっていいんです。




少し昔なら・・・

ちょいと昔、まだ家族が社会の最小単位として機能していたころなら
「自立」に対する社会の要求もゆるく
家族の中でも自立の難しい子を受け入れる余裕があったのでしょうが
今はそういう世の中ではありませんよね。
いろんな理由で自立の難しい人がいる現状がありながら
家族だけでは抱えきれない、支えきれないのになぜ社会に受け皿がないのか?
ないわけではないかも知れませんが
家族、もしくは関わっている人が社会に求めていかない限り
もっといえば作っていかない限り行き場はないのでしょうか?

とにかく家族で抱え込んでしまえるには限界があるでしょうから
なんとか使える福祉制度を駆使する方向で!!
思うばかりでお役には立てませんが、一筆。。。

>ななこさん

>時間ギリギリに振り込んだ
というのがウソで、実は時間ギリギリに引き出した?ようですv-12
何がどうなっているのか? 今、半分まで聞き出したので、残りは後日です。
腹立ちまっせ~、あ、そちらは臨時収入の元でご立腹でしたね。。。ため息。

ウチの場合、小さい頃から普通の人ではなかったので、障害はやっぱりね~
という感じでショックではなかったのですが(自分が難病と告知された時の方がショックだった、まだ若かったし…)、実際生きてみると知的障害が無いばっかりに、
生き辛いにもかかわらず放置というか、人並みに取るものだけ取られる事にショックを受けました。
多く稼いでいる人や、儲かっている大企業や、○○法人からお金を取ってよ~
稼ぎの少ない人や、中小企業・零細企業から取ってどうすんのよ~

お嬢さんの問題は本当に難しくて、当事者さんにしか分からない苦悩もおありでしょうし…
ま、一つだけ願うのは、動き回る小さいお子さんに例えるならば、本当に危ない時だけは無理やり手を引っ張ってでも車から守ってあげて下さいね。
自然治癒力も信じたいですし、せめてお薬を飲んでくれたら…とか、欲を言えばキリがありませんね、ごめんなさい。
まずは、ななこさんが体調を崩されませんように。。。

>シチベエさん

まず、メールマガジンありがとうございます。
とても難しい文なので、携帯などでは読まず、パソコンで時間をかけて読ませていただきます。

狩猟時代、農耕時代…、農耕時代なら少しは働けたかもです(笑)
何時間でも草取りしますし、一日中、作物に付く虫を取り除いたりもできました。
ともかく、今のスピード時代、効率主義・成果主義の世の中には不適合のようです。
身内にとって厄介者であっても、お年寄りの話し相手なら何時間でもできたり、
適材適所にヒトが配置されていないという感もあります。

少なくとも江戸時代なら、仕事を持って来てくれる世話焼きな大家さんもいたようですよ。

>堂々と福祉に面倒を…
ここが難関でして、世の中には福祉のお世話になるべき人が溢れています。
どんなに生き辛くても、治らない脳の障害でも、取り敢えず知的障害の無い人は後回しなのです。
老人の介護もそうですよね、受けたいサービスを受けられず、無理をしている本人・家族は大勢いらっしゃいます。

>自己破産
もちろん最初は検討しました。が、彼は単純にサラ金からお金を借りたのではなく、
犯人グループに騙されて、わずかなバイト料をもらい、残りの百万単位は取られたのです。
その取られた分を、せっせと返しているのです。警察では相手にしてもらえませんでした。そういう、悪人だけが得をする事件なのです。
理由は何であれ、破産するのは簡単(実は手続きが煩雑)、二度と騙されないように、働いて(債務整理をして元本だけ)返すよう仕向けました。
本当に懲りない面々なので、これぐらいの事をしなければ!

福祉が、申請しないと受けられないのも問題でしょうが、問題の本質は何なのだろう?!と、日々考え続けております。
発達障害は、徐々にTVなどでも取り上げられていますが、まだまだ認知度は低いですね。

>心配ママさん

やはり、同じでしたか。。。
お金の管理、時間の感覚・管理、すぐバレる嘘で塗り固める…、
苦手な部分が明らかになってきましたね、
どんなに努力しても出来ない、そういう特性。。。

身を引き裂かれる思いで、見捨てようと思っていた矢先、
家人(私のパートナーでも、息子とは赤の他人)から、ある提案がありました。
それはまた折りを見て書きますが。。。

ほんと、家族には限界がありますね。きっと老々介護をしている方々も、
同じような気持ちかもしれません。

どこまでお気楽に出来ているのか、だから自ら命を絶たずに済んでいるのか、
何とも不思議な存在です。。。

>キャットテールさん

ごめんなさいね、息子を否定するような文章ばかりで…。
悪さをするチビっ子ギャング?みたいな感じで、ほとほと手を焼いています。
精神年齢が幼いのね、実年齢の3分の1ぐらいかなぁ。

福祉制度も厳しいですねー、身障手帳1級持っていて働けなくても、寝たきりにならない限り障害年金の下りない地域もあるようで。。。
推して知るべしですわ。

家族だけでは抱えきれない問題なのに、家族を支えているキャットテールさんは、
いつも我々の鏡です!

実際、祖母も放棄しましたし、私も涙を飲んで放棄しようと考えていた矢先、ウチの人からある提案があって…、またそれは後日折りをみて書きますが。
彼が生きている意味は何なんだろう?と自問自答する日々であります、ぐすん。

何度も考えました、存在の意味(T_T)みんなそうなんですよね、きっと。この子たちは真実と嘘がみぬけない、自分の人生をまもるために先ずなにをするのが得策か選べない、人生の角度が普通と違ってみえるのかもしれません?でもやはり哀しいのです、なんでうまくいかないのか分からないけど悲しんでいるのです。どどいつにたしか♪騙される気でぇ~騙されて~というのがありました。くるりんさんならそれができる。さまざまなしがらみや苦しみはあれど…。くるりんさん、したたかに、そしていつものユーモアを忘れずにいてください。

>卯月さん

ありがとうございます(T_T)
都々逸! 内海英華さんや姉様キングスでしか知りませんが、確かに…
人生の悲哀や人生の機微が込められていて、励まされます。
何か違った切り口で緩和できないか…(あえて解決とは申しません)、模索してみます。

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

HOME

プロフィール

くるりん

Author:くるりん
↑クリック
子どもの頃、Dr.に自閉的傾向あり!と言われた息子、ADHDも併発?通院中の精神科へ行くお金も無く。。。
19ヶ月で6回もクビになり、奇跡的に約3年続いた短時間アルバイトも解雇…無職!
大人の軽度発達障害?の息子と、膠原病の母の記録…おおげさだな~。
本文中では、発達障害に愛情を込めて?「発ちゃん」と記述しております。

※誹謗中傷・公序良俗に反するもの・他人が不快に感じる内容などの書き込みは、削除させていただきます。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック
FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。