暖簾に腕押し

軽度発達障害?の息子と、膠原病の母の記録…おおげさだな~。

05月≪ 06月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あくまでも仮説

書くときは書く、書かないときは書かない。当たり前なのですが、また「書かな癖?」がつきそうなので、時々書きましょう(時々かい!)

原始、女性は太陽であった…もとい、原始以前、ヒトはアダムとイブだったとしましょう(あ、ウチはキリスト教ではありません、念のため)
彼らが、羞恥心も無く、のんびり遊んで暮らしていたとしたら、それは息子と同じです。
ところが、蛇くん登場。食べたらアカン実を、食べてみぃ~美味しいでぇ~と勧めるわけです。こういった勧誘に簡単に乗ってしまうのも息子です。
それからでしょう、ヒトが徐々に変になっていったのは…。

原始時代、縄文時代や弥生時代なら何とか生きられたであろう息子。その後、社会はどんどんどんどん進化し、息子が生きてゆけなくなった(生きづらくなった)決定的瞬間は、「産業革命」にあるのではないか…。つまり、江戸時代ですね。落語にもよく出てくる、江戸時代までなら息子は何とか人に助けられながら陽気に生きてゆけたのです。

チャップリンの「モダン・タイムス」じゃないですが、あのオートメーション機械化は面食らいます。息子は、あのスピードについてゆけなかったのでしょうね。
というか、あの頃を機に、ヒトはどんどん歪んでいった。。。
脳が時代に合わせて発達した…という言い方もありますが、そうではなく、本来ヒトは発ちゃん(アダムとイブ?)であり、いわゆる定型発達と呼ばれている人々の方が異常な歪んだ発達をしてしまった…、ああ、嘆かわしい…とも思えるのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

HOME

プロフィール

くるりん

Author:くるりん
↑クリック
子どもの頃、Dr.に自閉的傾向あり!と言われた息子、ADHDも併発?通院中の精神科へ行くお金も無く。。。
19ヶ月で6回もクビになり、奇跡的に約3年続いた短時間アルバイトも解雇…無職!
大人の軽度発達障害?の息子と、膠原病の母の記録…おおげさだな~。
本文中では、発達障害に愛情を込めて?「発ちゃん」と記述しております。

※誹謗中傷・公序良俗に反するもの・他人が不快に感じる内容などの書き込みは、削除させていただきます。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック
FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。