暖簾に腕押し

軽度発達障害?の息子と、膠原病の母の記録…おおげさだな~。

07月≪ 08月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の代わりに

友人から、FAXをもらいました。彼女は、生命科学者・柳澤桂子さんの本をよく読んでいます。その中に、
「人の遺伝子集団に、かならずある割合で障害を引き受ける人がいる。障害をもって生まれた人は、自分の代わりにその遺伝子を受け取ってくれた人である。そのことに気がつけば、障害者ができるだけ快適にこの世で過ごすことができるように、また障害者の両親が不自由や心配のないように、社会全体で助けていかなければならないことはあきらかであろう。このような考えを社会にしみこませ福祉を充実していくことが重要である。」
というようなことが、書いてあったそうです。

たぶんこの本ヒトゲノムとあなた (集英社文庫)だと思うのですが。。。
私のような原因不明の難病、息子のようなもって生まれた自閉症スペクトラム。友人は、だから私と私の息子に感謝せずにいられない!と言うのですが。。。(^^;
あるサイトでは野宿者も自分の代わりに…と障害者や難病の人と同等に扱っていましたが、それは遺伝子ではなく社会の仕組みが変わったら減りますって!国の恥でっせ~。

夫は柳澤さんが流行る?前から彼女の本をいろいろ読んでいましたし、私も影響されて?少し読みましたが、よくありがちな「試練に耐えられそうな人に神様が障害や難病を…」などという夢物語よりは、遺伝子レベルの話なので信憑性があるような。。。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

HOME

プロフィール

くるりん

Author:くるりん
↑クリック
子どもの頃、Dr.に自閉的傾向あり!と言われた息子、ADHDも併発?通院中の精神科へ行くお金も無く。。。
19ヶ月で6回もクビになり、奇跡的に約3年続いた短時間アルバイトも解雇…無職!
大人の軽度発達障害?の息子と、膠原病の母の記録…おおげさだな~。
本文中では、発達障害に愛情を込めて?「発ちゃん」と記述しております。

※誹謗中傷・公序良俗に反するもの・他人が不快に感じる内容などの書き込みは、削除させていただきます。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック
FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。