暖簾に腕押し

軽度発達障害?の息子と、膠原病の母の記録…おおげさだな~。

07月≪ 08月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受容と寛容

拙ブログだけをご覧の皆様、更新が滞って申し訳ありません。別サイトも持っていることと、夏バテ?で毎日更新できずにおります。(もともと毎日更新の目標は掲げていないのと、道産子に大阪の暑さは灼熱地獄。。。)

北国のゴールデンコンビ?!(息子とバサマ)とは何とか連絡が取れ、バサマによりますと「2人で仲睦まじく暮らし始めている」とのこと。
といっても、母はかなり寝不足を強いられているようで、今度は母の身体が心配になってきました。
それと言うのも、やはり彼の幼稚さ…軽度発達障害?に起因するもので、そうと解っていればこそ我慢できるけれども、知らなければ怒り沸騰?モノです。

このところ、引越しに伴う彼にとっては複雑な各種事務処理が続いたこともありますが、荷物の荷ほどきや洗濯、新生活準備が多々滞っているにもかかわらず、仕事が終わった後、ふらーっと遊びに行ってしまい帰宅が深夜になる…という厄介な症状?です。

夜だけではありません。例えば午前中事務手続きに奔走し、自宅で昼食を取ってから仕事に行かなければならない場合、普通なら用事の後すぐ帰宅して食事をしますが、彼の場合、何か面白そうなことが目に入ると他の事がぜーんぶ飛んでしまう(消えてしまう?)という症状ですね。これでは朝寝坊に限らず、たとえ昼からの仕事であっても、誰かが四六時中監視?していないと仕事にも行けない…ということになります。

そこでトレーニングとかドラッグとかが登場するわけですが、苦手を克服したいと思っていない場合(思わさなければならない!というご意見もありましょうが)、かえってそれが苦痛になって本人を追い詰めてしまうとか、心や行動に更に問題を負わせてしまう危険性…も専門家の方は指摘していますね。ですから成人の場合特に、訓練や告知には慎重にならなければならないと思うのです。

癌の告知でもそうですね。本人に告知した場合、病を跳ね返すだけの生命力のある人、それを知っただけで意気消沈してしまう人、残りの人生をより良く生きようとする人、益々弱音を吐く人、千差万別だと思います。告知してしまってから後悔しても遅い…という場合もあります。
幼いお子さんの場合、一般的には早期発見早期療育でしょうが、思春期になって親の読んでいる発達障害関係の本を何冊も見つけて、そんなに自分は重症なのか?と落ち込んでいるお子さんもいらっしゃるようです。
療育の結果は、5年10年…下手すると20年ぐらい経たないとわからないかも?!

脳の微細な機能の問題や、ドーパミンの分泌量の問題だから、一生治らない!と言い切る方もいます。なぜこの子だけが…と、毎晩涙してる親御さんもいらっしゃいます。
今の彼を支えてやれるのは、5年前よりは今、今よりは5年後・・・と僅かながらも成長し続けていることを知っている家族だけかもしれませんね(社会全体に受け入れ態勢が無いから)。これらを、明るくかつ重く受け止めましょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

HOME

プロフィール

くるりん

Author:くるりん
↑クリック
子どもの頃、Dr.に自閉的傾向あり!と言われた息子、ADHDも併発?通院中の精神科へ行くお金も無く。。。
19ヶ月で6回もクビになり、奇跡的に約3年続いた短時間アルバイトも解雇…無職!
大人の軽度発達障害?の息子と、膠原病の母の記録…おおげさだな~。
本文中では、発達障害に愛情を込めて?「発ちゃん」と記述しております。

※誹謗中傷・公序良俗に反するもの・他人が不快に感じる内容などの書き込みは、削除させていただきます。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック
FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。