暖簾に腕押し

軽度発達障害?の息子と、膠原病の母の記録…おおげさだな~。

05月≪ 06月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとうカード

幼稚園や小学校の話ではありません、ましてやトレカでもありません。以前(今でも?)何にでも「ありがとう!」と言いまくるキャンペーン?がありましたが、それとも違って…。
息子の職場、しかも大人(成人)ばかりの集団での事です(利用者さんはお子さんが主ですけど)。
息子の話によると、職場には「ありがとうカード」というものがあって、決められた仕事以外に自主的に何かをしたとか、誰かの何かを助けてあげた(交代してあげた)とか、皆の役に立ったとか、そういう時にスタッフからスタッフへ「ありがとうカード」にひと言書いて渡すのだそうです

で、そのカードの集まり具合によってボーナスが支給されるとか。。。
家人の知り合いは中間管理職で、部下の勤務評定を上司に提出しなければならないとかで、頭を痛めていました。可愛い部下を(中には生意気な子もいるかもね~)働きぶりによってA・B・Cに分けるってどうよ? 仮に全員が働き者だった場合、全員にAを付けることは許されないのだそうです。全員Aにしようものなら、そうしたその人が今度は上司からCを付けられてしまします。で、そのA・B・C評価によって給与が決まるとか…

そういった理不尽な、同僚が同僚を評価するなどという事が避けられる…という点では、息子の職場の方法は画期的?です。しかし考えようによっては、スタッフはまるで幼稚園児か?小学生か?というような感じもするわけですよ(笑)

しかーし! この「ありがとうカード」方式?は、内面に幼さを残す発ちゃんの息子には非常にわかりやすい! わかりやすいし、頑張れるし、何たって(カードのたまり具合が)目に見え、ボーナスという形になって返ってきます。
このやり方、以前からあったのか?息子が入ってから出来たのか?わかりませんが、上司の方々には本当に感謝です

「職場の理解」という点では、発達障害で苦労されている大人の方々には申し訳ないぐらい恵まれています。職場のちょっとした配慮で、発達障害があっても社会参加できるんだぞー!ということを、声を大にして叫びたいです
スポンサーサイト

コメント

社会参加、大切ですね。

>みゆきちゃん

まー、私も口で言うだけなら簡単ですけどね(汗)
実際は、大変なんだと思います。。。

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

HOME

プロフィール

くるりん

Author:くるりん
↑クリック
子どもの頃、Dr.に自閉的傾向あり!と言われた息子、ADHDも併発?通院中の精神科へ行くお金も無く。。。
19ヶ月で6回もクビになり、奇跡的に約3年続いた短時間アルバイトも解雇…無職!
大人の軽度発達障害?の息子と、膠原病の母の記録…おおげさだな~。
本文中では、発達障害に愛情を込めて?「発ちゃん」と記述しております。

※誹謗中傷・公序良俗に反するもの・他人が不快に感じる内容などの書き込みは、削除させていただきます。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック
FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。