暖簾に腕押し

軽度発達障害?の息子と、膠原病の母の記録…おおげさだな~。

09月≪ 10月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

災い転じて?

マイナス面ばかり書いていても埒があきませんので、今回は、彼の特性がどう生かされているか?について書いておきます。
心ない書き込みについては、発達障害を知らなければ当然のご意見であり、また、「自閉的傾向」を指摘されたにもかかわらず、療育などに奔走しなかったという点では、明らかに私の子育てのミスであります。ただ、当時はインターネットもなく、田舎の図書館や本屋には資料もなく、今ほど我が国において発達障害が取り沙汰されていなかった等という点も考慮に入れていただきたいものです。
それよりも、一番のネックは、特殊な家庭環境にあったと思われます。言い訳にしか聞こえないでしょうが、こればっかりは、100の家庭があれば100の事情があるのです。そういった事も想像できないというのは???(以下、言葉を濁します)

さて、問題の彼。レポートが書けないとか(一種のLDか?)清潔を保てない(自己管理ができない)などの問題を除いては(←これらこそ大事!というご意見もありましょうが)、楽しそうに仕事をしているのであります(仕事とは、本来楽しいものではない!なんて意見、やめて下さいね)。
何故なら、希望通り知的障害児(者)にかかわっているからです。

某所で、いわゆる軽度発達障害の人に、(知的障害を伴う)自閉症の人のお世話を頼んだらどうだろうか? という話題が出ていました。中には、障害に軽度や重度とは何事だ!というお叱りや、一方が一方を羨む(妬む)ような発言もありましたが、そういったことではなく、軽重にかかわらず出来そうな人が出来そうな事をやったらどうだろう?というのが私の今の考え方です。

実は、いわゆる定型発達のヘルパーさんやボランティアさんにとって、自閉圏の人々のお世話は結構大変なんだそうです。そこで登場するのが、イギリスの研究者ウタ・フリス氏の名言です(これを知る前から、私も薄々気付いていましたが)。
「アスペルガーの彼らへの共感は、自閉症の人々を助けるには、その人自身にも自閉症の要素が少々あることが必要と信じるほど」
参考(どちらも高価でまた読んでいませんが、1990年代は今や古典?!):
自閉症の謎を解き明かす(1991年)
自閉症とアスペルガ-症候群(1996年)

今までどのヘルパーさんにも懐かなかった子が息子とならうまくいったとか、よくパニックをおこしていた子が息子の前ではパニックにならないとか、あー、やっぱりね!という話を息子から色々聞きました。
息子が知的障害児を同類(全く差別しない)と思うのは、何なんでしょうね? 障害の有無を問わない保育園や小学校で過ごしたからか? 定型発達の同級生に相手にされず、障害のある子しか息子と遊んでくれなかったからか? 根っからの息子の特性なのか?
相乗効果って言うんですか、この部分を大切にしたいものです。
スポンサーサイト

コメント

>「アスペルガーの彼らへの共感は、自閉症の人々を助けるには、その人自身にも自閉症の要素が少々あることが必要と信じるほど」

!そうなんですか・・・・。
私と、3兄弟の従兄弟の真ん中の子は、言葉を覚えるのが周囲の子供よりも早い割りに、急に年中さん位から話す事を辞めてしまった時期があり、自閉症の可能性があるかもしれないと検査を受けた事がありました。
結果、私も従兄弟も自閉症では無いって事なんですが。
私が、子供の頃から、発達障害の子や知的障害の子と気が合うのは、その要素があるって事なのかなぁ?

>青嵐さん

はい、そうらしいですよ~。
ダーリンさんと仲良しの青嵐さん、いつも、不思議だな~と思っていました。
でも、とーってもいい感じなので、このままうまくゆくといいな~♪と思っていますのよv-347

双極性…の原因が何かわかりませんが、もしその要素が少々あった場合、二次障害?みたいな感じで、ある意味わかりやすいかも~?

ともかく、お幸せにv-238

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

HOME

プロフィール

くるりん

Author:くるりん
↑クリック
子どもの頃、Dr.に自閉的傾向あり!と言われた息子、ADHDも併発?通院中の精神科へ行くお金も無く。。。
19ヶ月で6回もクビになり、奇跡的に約3年続いた短時間アルバイトも解雇…無職!
大人の軽度発達障害?の息子と、膠原病の母の記録…おおげさだな~。
本文中では、発達障害に愛情を込めて?「発ちゃん」と記述しております。

※誹謗中傷・公序良俗に反するもの・他人が不快に感じる内容などの書き込みは、削除させていただきます。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック
FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。