暖簾に腕押し

軽度発達障害?の息子と、膠原病の母の記録…おおげさだな~。

11月≪ 12月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おおみそか

相変わらずの遅更新、リンク先の皆様方には不義理…どうぞお許しください。
約1週間の年末年始休みの息子は、なぜか車を家に置いて、バス地下鉄で彼女の家(お母さんと二人暮し)へ行き、着替えもせず(着替えも持たず)ずーっと泊まっています。彼女って、もしかして不潔がお好き?!

困った孫の世話から解放されて、爽やかな日々を送っているであろうバサマは、おっとどっこい。
ちゃんと三度三度栄養のあるものを食べているだろうか、毎日毎日着替えもせず風呂にも入らず不潔ではないだろうか、風邪をひいていないだろうか、と心配で心配で夜も眠れないそうです。
1週間彼女のところにお泊り~♪と公言しているのですから、彼女に任せて放って置けば気持ちが楽になるのにね。
いつも母には言っているのです。病気になろうがクビになろうが、一切バサマの責任じゃないからね、家に居る時だけ食べさせて起こしてやってほしい…とお願いしているのに、それ以外の部分まで1人で背負っているようで(悲劇のヒロインになりたいタイプ?)、それはそれで困った性分です。

そんなこんなで、大晦日になってしまいました。東京生まれ育ちの母(厄介な孫の世話を放棄して故郷へ戻りたい)に、もう一人の孫(娘)が東京に就職が決まった!だなんて、口が裂けても言えません。。。
数少ない読者の皆様、一年間ありがとうございました。どうぞこれに懲りませず、来年もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

インフルエンザ事件

ホント、下らない日々を送っています。言っても言っても、こちらの真意が通じないから、こちらは精神を病むのですね。言い方が悪い!という声もありますが、身内だとつい感情的になって、実に下らない用件で疲労困憊したりします。ここらへんが宇宙人を相手にしている?と言われる所以かと…。

お子さんに接するヘルパーですから、インフルエンザの予防接種は義務です! これを11月上旬から言い続け、やっと実行したのが12月下旬。遅すぎる!! すでにお子さんは学校で?罹患しています。
ヘルパーでも何でもない娘ですら、来年は大事な国家試験があるから…と自主的に11月に接種しました。あ、定型発達の子と比べてはいけませんね。

で、息子がなぜ長いこと受けたがらなかったのか? ナゾです。どちらかと言うと注射は好きで、痛みを感じないタイプです。単に面倒くさかったのか?(お金は祖母が貸すので、お金=2000円が無いのは理由にならず、しかも領収書を会社に提出すれば2000円は頂けるそうです) 遊びに夢中で受ける時間が無かったのか? 無断外泊、行方不明が多く、今週もやっと5-6日ぶりに帰宅(毎日同じ衣類で不潔!)、激しく放浪癖!←寅さんと同じ!! 珍しく家に居ても、夜中に遊んで(遊ぶ相手がいるのが不思議)早朝に帰宅、午前は睡眠、午後は短時間アルバイト、病院に行く暇なし。

遠く離れているからいいものの、何度息子の首を絞めたいと思ったことか。。。

さらに頑固なのがバサマ。孫が接種するまで自分は絶対に受けません!というワケのわからない論理?を振りかざして拒否。年寄りは、罹患すると肺炎を併発したりして重症になるケースが多いから、孫に関係なく早めに受けるよう促すも拒絶。お金が無いのかと思い、こちらで負担するから(S幌市は老人は僅か1000円)と言ってもダメ。
どうも、罹患して命を落としたいそうです。そうすれば、変な孫の世話から解放されると。。。

なんぎ

ご無沙汰しております、書き休み癖?がついてしまいました、年末だからバタバタしているのも事実ですが…。バサマ(私の母)との確執が続いております、足の裏の角質。。。
原因はもちろん(無断外泊、朝帰り常習犯)息子なのですが、どーしようもない息子より、変な息子をフツーに育てようとする?厳格なバサマが取り敢えず私のストレスになっています。

さて、北海道は、道内の小児科・精神科・心療内科など1,164ヶ所を調査し、発達障害を診療する171機関の内、公表に同意した75機関をHPに掲載し始めました。(北海道だけでも、発達障害の18歳未満推定56,000人ですってよ!
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/hf/shf/hattatusien.htm
これを機に、他の都府県も追従する可能性あり。

ただ、診療できるからといって、診断が下った後の療育は出来ません(お子さんの場合)というところも結構あります。大人の精神科もそうでしょう。診断を下すだけで、生まれつきの脳の機能障害ですもの、誰も治せません。ましてや、子どもの頃から訓練を受けずに20年30年あるいは40~50年経ってしまったのをどうする事もできません。
良い家族、良い職場に恵まれない限り、かなり苦しいでしょうねぇ。。。

で、まぁ、息子の行っている(行っていた?)精神科2つの内、Aはリストにありません、公表に同意しなかったのかもしれませんけどね
実はAの結果が出ました。臨床心理士さんはしきりに発達障害っぽいですね~を連発するのですが、(発達障害を診れない?)医者はフツーです…とのこと。
だから、最初から言ったでしょ? あそこは評判が悪いだけではなく発達障害を診れないからやめなはれ~と、それを聞いてやめるつもりが途中で背後のダンナにそそのかされて?職場から近い!という理由だけで行ってしまった。。。
で、結果を聞いてすごーく不満に思っている社長さん(女性)。
2つ目のBはリストにあります、そこに最後の望み?期待をかけている社長さん。

でもね、でもね、診断が下ったからと言って治るわけではないのです。職場と家族の対応が変わるだけ?! 私たちは発達障害だと思って対応していますが、理解できない?認めたくない?(或いは認めたらフツーの職場で働くのは無理、即施設に入れなさい!と極端な発想をする)同居人のバサマは難儀です。。。

おわび

なかなか更新できず、申し訳ありません。
決して放置しているわけではなく、12月上旬は本当に体調を崩していましたが、後は単に年末で何かと気忙しいだけですので、ご心配なく。。。

HOME

プロフィール

くるりん

Author:くるりん
↑クリック
子どもの頃、Dr.に自閉的傾向あり!と言われた息子、ADHDも併発?通院中の精神科へ行くお金も無く。。。
19ヶ月で6回もクビになり、奇跡的に約3年続いた短時間アルバイトも解雇…無職!
大人の軽度発達障害?の息子と、膠原病の母の記録…おおげさだな~。
本文中では、発達障害に愛情を込めて?「発ちゃん」と記述しております。

※誹謗中傷・公序良俗に反するもの・他人が不快に感じる内容などの書き込みは、削除させていただきます。

カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック
FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。